貿易条件(インコタームズ)

INCOTERMS (International Commercial Terms) のことで、国際商業会議所(ICC)が輸出入取引に関して、定型的な取引条件、特に当事者間の費用と危険の範囲を定めたものです。

輸出入当事者の商慣習が国によって異なることから発生する取引条件の誤差や、紛争・訴訟を防止する目的で、定型取引条件の解釈に関する国際規則を1936年に制定したのが始まりです。

インコタームズ2020 全11種

EXW・・・工場渡

売主の施設や指定場所(工場、倉庫など)において、約定品を買主の処分に委ねたときに売主の引渡し義務が完了する。売主は引き取りの車両に積み込まず、輸出通関も行わない。

FCA・・・運送業者渡

指定場所において買主が指定した運送業者に約定品を引渡したときに売主の引渡し義務が完了する。輸出通関手続きは売主が行う。引渡し場所が売主の施設内の場合、売主は積込みの責任を負う。引渡し場所が売主の施設外の場合は、売主は荷卸しの責任を負わない。買主が約定品の受領のため運送業者以外を指定した場合は、その者に委ねられた時点で引渡しが完了する。

CPT・・・輸送費込

約定品を売主が指定した運送業者に引き渡した時点で引渡し業務が完了するが、指定仕向地までの運送費用は売主が負担する。約定品が運送業者に引渡された後は、買主が一切の責任と以後の追加費用を負担する。輸出通関手続きは売主が行う。

CIP・・・輸送費保険料込

売主の引渡し義務はCPTと同じだが、売主は約定品の指定仕向地までの運送費用、及び貨物運送保険料を負担する。CIP条件においては最小担保の保険だけを取得することを要求されているので注意が必要。輸出通関手続きは売主が行う。

DPU Delivery Place Unloaded

The seller fulfills the obligation to deliver (risk transfer) when it is left to the buyer’s disposition after the goods are unloaded from the transportation means at the designated terminal in the destination port or the destination. The export clearance procedure is done by the seller.

DAP・・・仕向地持込渡

指定仕向地において荷卸しの準備が整い、到着した約定品が買主に委ねられた時に売主の引渡し義務を果たす。輸出通関手続きは売主が行うが輸入通関手続きの義務は無い。しかし、輸入通関手続きを希望する場合はDDPを選択すべきである。

DDP・・・関税込持込渡

約定品が指定仕向地において荷卸しの準備が整い、到着した際に輸入通関を済ませ買主に委ねられた時、売主の引渡し義務を果たす。また、輸出入通関の義務を負い関税に付随する付加価値税(消費税等)も売主の義務となる。

FAS・・・船側渡

約定品を指定船積港の荷卸し手順に沿って降ろした時点で売主の引渡し業務が完了し、買主はその時点から約定品の一切の費用及び減失・損傷の危険を負担しなければならない。また、輸出通関手続きは売主が行う。

FOB・・・本船渡

約定品が指定船積港で本船の船上で約定品を引渡した時点で売主の引渡し義務が完了し、買主はその時点から約定品の一切の費用及び減失・損傷の危険を負担しなければならない。また、輸出通関手続きは売主が行う。

CFR・・・運賃込

売主の引渡し義務はFOBと同じだが、売主は約定品を指定仕向港まで運送するための費用を負担する。輸出通関手続きは売主が行う。実務において昔からの表現ではC&Fとして使用されているが、正しくはCFRである。約定品の減失・損傷の責任は、約定品が本船の船上に置かれた時、または引渡された際に責任は売主から買主に移る。

CIF・・・運賃保険料込

売主の引渡し義務はFOBと同じだが、売主は約定品の指定仕向港までの運賃を負担する。約定品の減失・損傷の責任は約定品が本船の船上に置かれた時、または引渡された際に売主から買主に移る。CIFにおいて売主は運送中の約定品の減失・損傷に対して海上保険も負担する。しかし、CIF条件において、最小担保の保険だけを取得することを要求されているので注意が必要。輸出通関手続きは売主が行う。

コンテナ

コンテナによる一貫輸送システムを円滑に運営するために国際的に規格化されたコンテナが必要とされ、そのために国際標準化機構(International Standardization Organization)-I.S.O.により寸法、強度、外形などが規格化されています。

ドライ・コンテナ(Dry Container)

最も普及し、多種類の一般貨物輸送に使用される。

特殊コンテナ

(a)冷凍コンテナ(Refrigerated Container <Reefer Container>)

冷凍・冷蔵貨物(果物、野菜、肉、魚貝類などの生鮮食品、フィルムなどの化成品)の輸送を対象とし、一般的に冷凍ユニットを内蔵、所定温度を保持できる。

(b)オープン・トップ・コンテナ(Open Top Container)

嵩高物、重量物の輸送を対象とし、屋根部分を開放することによって、上部からの荷役を可能にしている。

コンテナの種類

コンテナ自体の材料にはアルミコンテナ(Aluminum Container)とスティールコンテナ(Steel Container)の2種類がある。コンテナの形状は、その使用目的・構造から次のように分類される。 Standardization Organization)-I.S.O.により寸法、強度、外形などが規格化されています。

(c)フラット・ラック・コンテナ(Flat Rack Container)

長尺物、重量物、またはコンテナ詰めできない大型貨物を対象とし、屋根部分、両側面、扉面を持たず左右および上方から荷役が可能な構造となっている。

(d)フラット・ベッド・コンテナ(Flat Bed Container)

モルト(原酒)、醤油、食料品、液体化学薬品などの液体貨物を対象とし、鋼製フレーム内にタンクを格納した構造となっている。

(e) タンクコンテナ

上記以外にも国際物流商品の変化、物流システム効率化の要請に対応するために新しい種類のコンテナ開発は今後益々増加するものと予想される。

なお、コンテナは必ず背番号を持っており、コンテナの所有者、タイプ、サイズが一目瞭然に分かるようになっている。この番号制度(Numbering System)はI.S.O.により国際的に規格化されている。さらにコンテナには特殊便宜を国際的に承認したことを意味する記号が付けられている。

 

 

 

 

 

コンテナのサイズ

ドライ・コンテナのサイズ

最も標準的なサイズに20フィート・コンテナ(8’×8’6”×20’)と40フィート・コンテナ(8’×8’6”×40’)がある。なおこれまで国内法に定める3.8mの高さ制限に抵触するとして国内通行が認められていなかった背高コンテナ(8’×9’6”×40’)も、通行ルートを限定するなどの制限つき特認という形で1985年6月1日以降通行可能となっている。

外法寸法 長さ 6,058mm 12,192mm 12,192mm
    (19’10” 1/2) (40’0”) (40’0”)
  2,438mm 2,438mm 2,438mm
    (8’0”) (8’0”) (8’0”)
  高さ 2,591mm 2,591mm 2,896mm
    (8’6”) (8’6”) (9’6”)
内法寸法 長さ 5,899mm 12,033mm 12,033mm
    (19’4” 1/4) (39’5” 3/4) (39’5” 3/4)
  (2,352mm) (2,352mm) (2,352mm)
    (7’8” 5/8) (7’8” 9/16) (7’8” 5/8)
  高さ 2,386mm 2,386mm 2,691mm
    (7’9” 15/16) (7’9” 15/16) (8’9” 15/16)
内容量   33.1m3 67.5m3 76.2m3
扉開口寸法 2,340mm 2,340mm 2,340mm
    (7’8” 1/8) (7’8” 1/8) (7’8” 1/8)
  高さ 2,272mm 2,272mm 2,577mm
    (7’5” 7/16) (7’5” 7/16) (8’5” 1/2)
自重   2,220kg 3,740kg 3,920kg
    (4,890lbs) (8,250lbs) (8,640lbs)
最大積荷重量   21,780kg 26,740kg 26,560kg
    (48,020lbs) (58,950lbs) (58,560lbs)
最大総重量   24,000kg 30,480kg 30,470kg
    (52,910lbs) (67,200lbs) (67,200lbs)

 

冷凍コンテナのサイズ

冷凍コンテナには冷凍機が内蔵され、コンテナ内部に断熱材が取り付けられて おり床部にはレールが取り付けられているため、ドライ・コンテナと比較して 内容量及び最大積荷重量が若干小さい。 サイズとしてはドライ・コンテナ同様20’、40’が標準である。

外法寸法 長さ 6,058mm 12,192mm
    (19’10” 1/2) (40’0”)
  2,438mm 2,438mm
    (8’0”) (8’0”)
  高さ 2,591mm 2,896mm
内法寸法 長さ 5,486mm 11,669mm
  2,270mm 2,286mm
    (7’5” 3/8) (7’6”)
  高さ 2,263mm 2,508mm
    (7’5” 3/32) (8’2” 3/4)
内容量   27.8m3 66.9m3
    (982cft) (2,363cft)
扉開口寸法 2,270mm 2,286mm
    (7’5” 3/8) (7’6”)
  高さ 2,198mm 2,437mm
    (7’2” 1/2) (7’11” 15/16)
  自重 2,750kg 4,600kg
    (6,060lbs) (10,140lbs)
  最大積荷重量 21,250kg 25,880kg
    (46,850lbs) (57,060lbs)
  最大総重量 24,000kg 30,480kg
    (52,910lbs) (67,200lbs)

運送

タイプ 1

内法寸法 242(長さ)×162(幅)×134(高さ)cm
外法寸法 253(長さ)×170(幅)×162(高さ)cm
ドアサイズ 147(幅)×122(高さ)cm

タイプ 2

内法寸法 435(長さ)×197(幅)×198(高さ)cm
外法寸法 449(長さ)×210(幅)×201(高さ)cm
ドアサイズ 190(幅)×182(高さ)cm

タイプ 3

内法寸法 455(長さ)×183(幅)×60(高さ)cm
外法寸法 460(長さ)×196(幅)×140(高さ)cm

タイプ 4

内法寸法 440(長さ)×201(幅)×150(高さ)cm

PT Cakra Mitra International
PT Cakra Gemilang Prakasa
Jl. Mampang Prapatan Raya No.67, Tegal Parang,
Mampang Prapatan, Jakarta - 12790 Indonesia
電話番号: (+62) 21-79192947

Bekasi 倉庫
Kp. Awirarangan RT.001/005, Desa Tamansari, Setu,
Bekasi - 17320, Indonesia

Cakung 倉庫
Green Sedayu Biz Park Cakung GS 16 No. 21,
Cakung Timur, Cakung,
Jakarta Timur-13910, Indonesia

PT Logicom Cakra Indonesia
Jl. Anggrek VII, KITIC, Nagasari, Serang Baru,
Bekasi-17330, Indonesia

株式会社  チャクラ インターナショナル
〒101-0031
東京都千代田区東神田2−8−7
CH287 301号室
電話番号: (+81) 3-58298718

サービス案内

© 2024 PT Cakra Mitra International | 全著作権所有